オーダースーツ オートクチュール 補正 福岡 | SaRi サリ・ヤマガタ

日本人は前肩が多い。

「前肩」ってご存知ですか??

そもそも日本人は農耕民族。
農耕をするのに、前かがみな姿勢が多く、肩が前に突き出した骨格のことです。

特に最近は姿勢の悪さからか前肩の人が多い。

お洋服のお悩みで、着心地の悪さでご相談される方は多く、その着心地はその方の肩の骨格で変わってくるのです。

怒り肩、なで肩、はよく耳にすると思いますが、それだけではなく、専門用語で「反身体」「屈伸体」といい、『前かがみな屈伸体』『反り気味な反身体』
そして、この前肩。


この前肩は厄介で、お洋服作りでは難しいとされている骨格なんですね。


何を隠そう私もこの前肩で、かなりひどい前肩。


お洋服の着心地の悪さは私の悩みでもあり、なので追及していきたいのです。

かっこよくて、すっきり見える魔法のお洋服は満足することのない私の永遠のテーマ。。。


私のように悩んでいる方のお手伝いをしたい。そう、思うのです。


私の採寸は20か所以上。

バスト、ウエスト、ヒップの円周だけではなく、前後の差も測ります。

もちろん、先に述べた肩は肩傾斜を専用の分度器で測ります。
もちろん、左右。測ります。

違いますね。左右の肩の高さは。
必ずと言ってよいほど違います。

生活の習慣でも違ってきますが、右利きの方は右肩が高い場合が多いですね。

肩巾も、骨格により違って、ひとそれぞれ。。
製図の時点で調整したり、スーツの場合は肩パットの厚さで調整したりして美しく見えるところを探していきます。

体を調整することはできませんものね。。

体をお洋服に合わせるのではなく、お洋服を、体に、美しく見えるよう合わせて行くのです。


本当の着心地の良いお洋服はゆったりとしたものなんだけど美しくはないですよね。。

その方の、年齢やお仕事、生き方や夢。どう、見せたいのか。

そういったご要望も、しっかりとヒアリングさせていただいてから、その方にとって、着心地が良く、そして美しく見えるお洋服のデザインをさせて頂いてます。


まさにSaRiマジック。


なのでSaRiのお洋服はすっきりと美しく見えるのです。


お洋服にお悩みのある方。。

男性の方、大丈夫ですよ。

最近はオシャンティーな男性が多くなって嬉しいですね。
ご相談も多く頂いています。

SaRiにぜひご相談下さいね。。
バシッとご回答いたしますよ。